ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 社会

清明節に墓参りに行った人は延べ1754万人 オンライン墓参りは延べ2156万人 中国

2022年 4月 6日17:50 提供:人民網日本語版

  中国民政部(省)は5日、清明節(先祖を祭る中国の伝統的な祭日、今年は4月5日)に合わせて3連休となった3日から5日にかけて、中国各地で墓参りに行った人の数は延べ1754万人と、前年同期比74%減だったのに対して、「オンライン墓参り」を利用した人の数は延べ2156万人と、同比192%増だったことを明らかにした。中国新聞社が報じた。

  統計によると、清明節で3連休最終日でもあった5日、中国各地で墓参りができた霊園などは2万1795ヶ所で、延べ597万人が墓参りした。各地の霊園などが開設したオンライン墓参りプラットフォームは1523プラットフォームで、利用者は延べ856万人だった。

  中国では現在、新型コロナウイルス感染拡大が続いているため、当局はオンラインで墓参りしたり、花を供えたり、 故人をしのんだりする低炭素墓参りを推奨している。加えて、ハイリスク地域の霊園などは、新型コロナ対策のために閉館・閉園となっており、今年の清明節に霊園などに行って墓参りする人は大幅に減少した。(編集KN)

  「人民網日本語版」2022年4月6日