ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 社会

成都動物園でツル館リニューアルのためツルが「仮住まい」に引っ越し

2022年 4月 2日18:50 提供:人民網日本語版

  四川省の成都動物園は3月29日から、ツル5種類とコウノトリ2種類が暮らすツル館とコウノトリ館のリニューアル工事をスタートさせた。これを受けて同日、動物園の職員にサポートされながら、ツルが「仮住まい」に引っ越しを行った。動物園に来て数年になるマナヅルやクロヅル、ナベコウ、コウノトリも、「仮住まい」に移動することになっている。四川在線が報じた。

  

  仮住まい」にマナヅルを移送する動物園の職員。

  成都動物園動物管理部の飼育責任者・劉洋氏は、「池を大きくし、地面も作り直して、大自然に近い環境を作る計画。ナベコウは通常、断崖絶壁に巣を作るので、リニューアル工事をする際、断崖絶壁を作るほか、その地面も現在のコンクリートから泥土や砂に換える。そうすることでナベコウがより快適に暮らせるようになる」と説明する。

  

  ツルをかごに入れて移送する動物園の職員ら。

  鳥類を移動させる際、麻酔を打つことはできない上、過度に怯えさせることがないようにもしなければならない。そのため、体が小さなクロヅルやナベコウは、職員が抱きかかえて移送したり、布で覆った鉄製の檻にいれて車に積んで移送したりする。一方、体の大きなタンチョウは、飼育員が誘導して移動させる。劉氏によると、「今年6月1日までに、『仮住まい』に移されたツルやコウノトリの一部がリニューアルされたツル館とコウノトリ館に戻り、一般公開される」計画という。

  

  オグロヅルを移送する職員。

  

  「仮住まい」にタンチョウを誘導する職員。

  成都動物園ではこれ以前にすでにハクチョウ湖のリニューアル工事を終えている。

  

  美しい景色が広がるハクチョウ湖。

  

  湖でエサを食べるペリカン。

  (編集KN)

  「人民網日本語版」2022年4月2日