ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 政治

習近平総書記「食糧安全保障を強化し、農業基盤を安定化」

2022年 9月 23日13:50 提供:人民網日本語版

  

  5回目となる「中国農民豊作節」(旧暦の秋分、今年は9月23日)に際し、習近平中共中央総書記(国家主席、中央軍事委員会主席)は中共中央を代表して、全国の無数の農民と「三農」(農業・農村・農民)の第一線で働く人々に対し、祝意と心からの慰労の意を表した。新華社が伝えた。

  習総書記は「今年、我々は昨年の北部における異例の秋の豪雨と増水、冬小麦の広範な播種の遅れ、新型コロナウイルスの局地的な感染拡大による影響を克服し、南部の一時地域における猛暑と干ばつという試練に対処して、夏穀物と早稲の増産を実現し、食糧生産は再び豊作となる見通しだ」と指摘。

  「各級の党委員会と政府は『三農』政策に関する中共中央の重要な政策、方針、決定を深く貫徹し、食糧安全保障を強化し、農業の基盤を安定させ、貧困脱却の難関攻略の成果を揺るぎないものにし、拡大し、農村振興を着実に推進し、より豊かで美しい農村、より幸せな暮らしの実現を推進する必要がある。全国の無数の農民は、農業と農村の現代化を加速する実践に積極的に身を投じ、暮らしを日々さらに良いものにし、向上させていく必要がある」とした。(編集NA)

  「人民網日本語版」2022年9月23日