ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 政治

福島原発汚染水のストロンチウム90は基準の約3倍 中国外交部がコメント

2022年 9月 20日14:49 提供:人民網日本語版

  

  中国外交部(外務省)の19日の定例記者会見で、毛寧報道官が福島原発汚染水のストロンチウム90の活性濃度が日本の国家基準の約3倍だったことについて質問に答えた。

  日本の東京電力が、多核種除去設備(ALPS)で浄化した後の福島原発汚染水のサンプルを分析した結果、ストロンチウム90の活性濃度が日本の国家基準の約3倍だったことを発表したとの日本メディアの報道について、中国側としてコメントは。

  当該報道に留意している。これは、日本側のデータの信頼性、浄化装置の有効性、環境への影響の不確実性に対する国際社会の懸念が全く理にかなったものであることを、十分に物語っている。日本側の原発汚染水海洋放出計画に多くの疑問点があり、国際社会の理にかなった懸念が適切に解決されていない中、海洋放出計画及び海洋放出用トンネルの建設を強引に推し進めるのは、極めて無責任だ。

  海はごみ箱ではなく、太平洋は下水道ではない。中国は日本側に対して、原発汚染水の海洋放出を強引に推し進めることを止め、各国の正当な懸念に真摯に応じ、果たすべき国際的義務をしっかりと履行し、周辺諸国を含むステークホルダー及び関連国際機関と十分に協議し、科学的で、公開性と透明性のある、安全な形で原発汚染水の適切な処分方法を探るよう、改めて促す。(編集NA)

  「人民網日本語版」2022年9月20日