ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 政治

朝鮮建国74周年、習近平総書記が金正恩総書記に祝電

2022年 9月 9日17:49 提供:人民網日本語版

  習近平中共中央総書記(国家主席)は9日、朝鮮の建国74周年を祝う電報を金正恩朝鮮労働党総書記(国務委員長)に送った。新華社が伝えた。

  習総書記は「過去74年間、朝鮮人民は朝鮮労働党を中心に緊密に団結し、練磨・奮進し、社会主義建設事業の推進において重要な成果を得た。近年、朝鮮労働党が第8回党大会で決定した方針と政策に導かれる形で、朝鮮人民は経済発展と民生改善において新たな成果を収め続けるとともに、新型コロナとの闘いにおいて成功を収めた。良き同志、良き隣人、良き友人として、我々はこれを心から喜ばしく思う。金総書記と朝鮮労働党による指導の下、朝鮮人民は必ずや朝鮮の社会主義事業の推進において新たな発展を実現し、新たな段階へ踏み出すものと信じる」と表明。

  「中朝両国は陸続きであり、昔からの友情は時を経るにつれて一層堅固になっている。私と金総書記は両党・両国関係発展の青写真を描き、中朝友情の時代的意味を拡充することで重要な共通認識に至った。中朝友好は人々の心に一層深く浸透し、両国は交流と協力を推進し続け、互いの重大な関心事において支持し合い、中朝の昔からの友情の溢れる活力をはっきりと示した」とした。

  また「百年間なかった大きな変化が加速し、世界は新たな激動と変革の時代に入っている。中国側は朝鮮側と戦略的な意思疎通を継続し、協調・協力を強化し、中朝関係を共にしっかりと維持し、揺るぎないものにし、発展させ、両国及び両国人民により良く幸福をもたらし、地域さらには世界の平和・安定・発展に貢献することを望んでいる」と強調した。(編集NA)

  「人民網日本語版」2022年9月9日