ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 政治

外交部「中国国際サービス貿易交易会は高水準の対外開放の縮図」

2022年 9月 6日15:49 提供:人民網日本語版

  

  外交部(外務省)の5日の定例記者会見で、毛寧報道官が中国国際サービス貿易交易会(CIFTIS)に関する質問に答えた。

  2022年中国国際サービス貿易交易会は今日が最終日だ。先週、CIFTIS開催にあたっての中国側の考えについて説明があったが、さらに状況を説明していただけるか。

  今回は446社のフォーチュン・グローバル500選出企業や業界のリーディングカンパニー、71の国と国際組織が出展している。内容が豊富で、グリーンというテーマが際立ち、最先端技術が注目を集め、専門化、市場化、国際化の水準を体現しており、グローバルなサービス貿易の発展を促進するための重要な場を提供して、国内外の出展者から幅広く好評を博している。

  CIFTISは中国の高水準の対外開放の縮図だ。過去10年近く、中国のサービス貿易は規模を拡大し続け、輸出入の伸び率は世界を3.1ポイント上回る年平均6.1%に達し、総額は8年連続で世界第2位となった。過去10年間で、中国のサービス輸入額は累計で4兆ドル(1ドルは約140.3円)を超え、サービス貿易パートナーは200ヶ国・地域を超え、その範囲が広がっている。中国のサービス貿易には大きな将来性と多くのチャンスがあり、世界のサービス貿易の発展にもさらに大きく貢献していくだろう。

  我々は、引き続き国際経済・貿易協力を推進していく。我々は世界各国と共に、真の多国間主義を堅持し、インクルーシブネスと協力・ウィンウィンを堅持し、開放型・共有型のサービス経済を手を携えて共に促進し、世界経済の回復と発展に原動力をもたらすことを望んでいる。(編集NA)

  「人民網日本語版」2022年9月6日