ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 政治

西北工業大学へのサイバー攻撃の調査報告書公表 発信源は米NSA

2022年 9月 6日14:49 提供:人民網日本語版

  

  国家コンピュータウイルス緊急処理センターとセキュリティソフト大手の360は5日、西北工業大学に対する海外からのサイバー攻撃に関する調査報告書をそれぞれ公表した。調査にあたっては、国家コンピュータウイルス緊急処理センターと360が共同で技術チームを結成し、本件の技術的分析の全過程に関与した。技術チームは、西北工業大学の複数の情報システムおよびインターネット端末から複数種のトロイの木馬のサンプルを抽出し、国内の既存のデータリソースと解析ツールを総合的に使用し、欧州や南アジアの一部の国の協力パートナーのサポートも得て、攻撃事件の概要、技術特性、攻撃ツール、攻撃経路、攻撃源を復元し、この攻撃活動の発信源が米国家安全保障局(NSA)の「Office of Tailored Access Operation(略称TAO)」であることを明らかにした。中央テレビニュースが伝えた。(編集NA)

  「人民網日本語版」2022年9月6日