ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 政治

国連安保理の結束と協力を後押しし、成果を挙げた中国

2022年 9月 2日16:50 提供:人民網日本語版

  中国は8月の国連安保理議長国として真剣に責務を履行し、安保理の結束と協力を後押しして、より良い役割を果たし、積極的な成果を挙げて、各国から評価された。中央テレビニュースが伝えた。

  中国の張軍国連大使は8月31日、国連加盟国へのブリーフィングとメディアのインタビューで、8月の安保理議長国としての中国の取り組みを次のように振り返った。

  8月に安保理は現在の際立った問題に着眼するとともに、長期的な解決策についても考慮し、計20回余り会合を開き、決議2本、議長声明1本、議長報道談話1本を採択して、積極的な成果を挙げた。各国は、中国が安保理を率いて紛争問題に積極的に対処し、緊急事態を適切に処理したことを称賛し、中国の示した開かれた包摂的な姿勢と実務的で効率的なスタイルを高く評価した。

  中国の提案に基づき、安保理は8月22日に「対話と協力の強化、共通の安全保障の維持」をテーマとする公開会合を開いた。グテーレス国連事務総長、核兵器不拡散条約(NPT)第10回再検討会議のスラウビネン議長が参加し、報告を行った。安保理構成国は会合のテーマを押さえて踏み込んだ議論を行い、国際安全保障に関わる根本的問題について幅広く意見を交換した。

  アフリカは安保理にとっても、中国にとっても、常に優先的な関心の重点だ。中国の提案に基づき、安保理は8月8日に「アフリカの平和と安全:キャパシティ・ビルディングの強化、恒久的平和の実現」をテーマとする公開討論を行った。中国が安保理議長国在任時にアフリカに焦点を当てたテーマ別活動を開催するのは3回連続であり、数多くの国連加盟国が積極的に呼応し、40数ヶ国が参加し、発言した。安保理は中国の起草した議長声明を合意のうえ採択した。これはアフリカのキャパシティ・ビルディングに関する国連安保理初の成果文書だ。

  この1ヶ月間、世界と地域の安全保障情勢に影響を及ぼす緊急事態が絶えず、中国は安保理の速やかな対応を全力で後押しし、しかるべき役割を果たした。8月、安保理は加盟国の要請を受け、ウクライナ問題に関する公開会合を3回開いた。安保理の議論において、少なからぬ構成国が、外交努力を強化して、黒海港湾からの農産物の国外輸送に関する合意締結という前向きな成果を踏まえ、ウクライナ問題の政治的解決に向けて各国のさらなる行動を後押しすべきだとの考えを示した。

  数々の試練を前に、国際社会には、真の多国間主義を堅持し、国連憲章の趣旨と原則を堅守し、対話を力強く提唱し、理解と信頼を増進し、公正と正義を擁護し、結束・協力して対応する以外に選択肢はない。中国は国連安保理構成国及び国連の全加盟国と共に、引き続きたゆまず努力し、手を携えて共通の安全保障を構築し、共同発展を実現し、人類運命共同体の構築を後押しすることを望んでいる。(編集NA)

  「人民網日本語版」2022年9月2日