ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 政治

国防部が中国軍のロシア軍事演習「ボストーク」参加について説明

2022年 8月 26日13:50 提供:人民網日本語版

  

  国防部(省)の譚克非報道官は25日の定例記者会見で、ロシアの軍事演習「ボストーク2022」への中国人民解放軍の参加について説明した。中国新聞社が伝えた。

  中国軍が近くロシアで行われる軍事演習「ボストーク2022」に参加すると報じられている。中国側の準備状況や今回の参加の目的と意義を教えていただきたい。

  中露両軍の年度協力計画と合意に基づき、中国人民解放軍はこのほど「ボストーク2022」に参加するため、一部兵力をロシアへ派遣した。インド、ベラルーシ、タジキスタン、モンゴルも兵力を派遣し参加する。中国の陸空参加部隊はすでに指定地域に到着して、兵力の集結、野戦駐屯地の設置、現地調査などを相次いで完了するとともに、適応性飛行訓練を続々と実施している。海上参加部隊はロシア艦と海上で合流した後、通信などの訓練を実施した。

  「ボストーク2022」への中国軍参加の趣旨は、参加各国軍との実務的友好協力を深め、参加各国間の戦略的協力水準を高め、安全保障上の様々な脅威への共同対処能力を強化することにある。(編集NA)

  「人民網日本語版」2022年8月26日