ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 政治

中韓首脳が国交樹立30周年を祝い書簡交換

2022年 8月 25日11:50 提供:人民網日本語版

  

  習近平国家主席は韓国の尹錫悦大統領と、両国の国交樹立30周年を祝う書簡を交わした。新華社が伝えた。

  習主席は「国交樹立後の30年、中韓関係は互いの努力で時代と共に進みながら包括的に発展し、実り豊かな成果を収め、両国及び両国民に大きな幸福をもたらし、地域さらには世界の平和と発展に重要な貢献を果たしてきた」と指摘。

  「中韓関係が輝かしい発展の成果を収めることができたのは、双方が遠大な視点を堅持し、時代の発展の潮流に順応し、両国関係に新たな時代的意味を与え続けてきたからだ。また、双方が相互尊重と相互信頼を堅持し、互いの核心的利益や重大な懸念に配慮し、誠実な意思疎通を通じて理解と信頼を増進してきたからだ。また、双方が協力・ウィンウィンを堅持し、互恵的な協力と交流や相互参考を深め、相互成就と共同発展を実現してきたからだ。そして、双方が開放・包摂を堅持し、手を携えて地域の平和と安定を維持し、地域の融合的発展を促進し、国際関係の基本準則を守ってきたからだ。我々は、これらの貴重な経験を一層大切にし、長期にわたり堅持していくべきだ」とした。

  また「現在、百年間なかった大きな変動と新型コロナウイルスのパンデミックが重なり合い、世界は新たな激動と変革の時期に入っている。この非常に重要な時期において、中韓を含む国際社会は同舟相救い、団結・協力してこそ、危機に打ち勝ち、難関を乗り越えることができる。中韓は良き隣人、良き友人、良きパートナーである必要がある。私は中韓関係の発展を非常に重視しており、尹錫悦大統領と戦略的な意思疎通を強化し、中韓双方が国交樹立30周年を新たな出発点として、大勢を把握し、妨害を排除し、実務的・友好的に、協力に焦点を合わせ、両国関係のより素晴らしい未来を共に創造し、両国及び両国民により良く幸福をもたらすよう導いていきたい」と強調した。

  尹大統領は「1992年の国交樹立以来、双方は政治・経済・文化分野の協力で飛躍的発展を遂げ、戦略的パートナーシップを強固なものにし続けてきた。両国の年間貿易額は50倍近くに増加し、人的往来は数10倍に増え、豊富で多彩な文化交流が両国民の相互理解を増進してきた。これは両国各界の努力と国民の支持のたまものだ。私と習主席は3月25日の電話会談で、国交樹立30周年を契機に韓中関係の新たな発展の実現を推進することで重要な共通認識に達した。双方が相互尊重の精神に基づき、新たな協力の方向を模索し、両国関係のより成熟した健全な方向への発展を推進することを希望する」とした。(編集NA)

  「人民網日本語版」2022年8月25日