ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 政治

「大公報」創刊120周年、習近平総書記が祝賀メッセージ

2022年 6月 13日11:50 提供:人民網日本語版

  

  「大公報」創刊120周年に際して、習近平中共中央総書記(国家主席、中央軍事委員会主席)が同紙の全従業員に祝意を表すメッセージを寄せた。新華社が伝えた。

  習総書記は「大公報は1世紀以上にわたり『忘己之為大、無私之謂公』という発行の趣旨に従い、言論によって公に尽くし、文章によって国に報い、新中国の建設、改革開放、現代化、香港地区の祖国復帰と繁栄・安定の維持に積極的な役割を果たしてきた。新しい時代に入り、大公報は旗幟鮮明に肯定的な声を上げ、社会の共通認識を形成し、香港社会の安定維持、香港地区と大陸部の交流の増進、人々の心の祖国復帰に貢献している」と指摘。大公報が初心を忘れず、愛国の伝統を発揚し、鋭意革新的に発展し、伝播力と影響力を拡大し続けて、「一国二制度」の長期安定的な実践、中華民族の偉大な復興という中国の夢の実現のために、さらに素晴らしい時代の章を綴っていくことを希望した。

  習総書記の祝賀メッセージは、12日午後に香港地区で開催された大公報創刊120周年祝賀式で読み上げられた。

  1902年6月17日創刊の大公報は、現在も発行中の中国語紙の中で最も長い歴史を持つ。2016年に香港地区の文匯報と合併して「香港大公文匯メディアグループ」を創設すると、融合的発展を加速し、香港地区に立脚し、世界の華人に向けたオムニメディア報道体制を構築した。(編集NA)

  「人民網日本語版」2022年6月13日