ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 政治

王毅部長「中国は地政学的争奪に興味なし」

2022年 6月 6日15:50 提供:人民網日本語版

  王毅国務委員兼外交部長(外相)は5日、南太平洋島嶼国歴訪を終えた後、中央メディアのインタビューに応じた。新華社が伝えた。

  太平洋島嶼国地域における中国とオーストラリアやニュージーランドとの競争・協力関係をどのように見ているか。

  太平洋島嶼国にとって、中国は「ニューカマー」ではなく、長年親しく付き合ってきた「古くからの友人」である。中国と太平洋島嶼国はすでに国交樹立から半世紀近くが経ち、互いに見守り助け合い、親しく付き合う友人でありパートナーとなっている。中国と太平洋島嶼国との関係の包括的発展は、突如出現したものではなく、水が流れると自然に溝ができるように時機が熟して自ずと成就したものだ。

  我々は他国と影響力などを競い合うつもりはなく、地政学的争奪にも興味はない。中国は、太平洋島嶼国が他の国々とすでに構築した様々な結びつきを尊重し、オーストラリアやニュージーランドと太平洋島嶼国との伝統的絆を尊重する。中国はすでにオーストラリアやニュージーランドと太平洋島嶼国で3国協力を実施し、良い効果を上げており、太平洋島嶼国からも支持され、歓迎されている。 中国は引き続きオープンな姿勢で、太平洋島嶼国の意向に基づき、南太平洋地域において、オーストラリアやニュージーランドとさらに多くの3国間協力や4国間協力を実施し、各々の強みを発揮して、さらに力を合わせていくことを望んでいる。(編集NA)

  「人民網日本語版」2022年6月6日