ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 政治

孔鉉佑駐日大使「日本は日米同盟に固執すべきでない」

2022年 6月 2日15:50 提供:人民網日本語版

  

  孔鉉佑駐日大使は1日、日本の対中友好7団体の1つである日中協会の交流会に招待を受けて出席し、「国交正常化50周年を記念し、平和と発展という時代のテーマを考える」と題する講演を行った。孔大使は日本側に対して、戦略的自律性を維持し、遠見と知恵を示し、特に対中関係と対米関係をバランスよく扱い、地域と世界の発展促進のために積極的役割を多く果たすよう呼びかけた。在日本中国大使館ウェブサイトが伝えた。

  孔大使は「アジアは中日と地域諸国が国を築く場所であり、発展と繁栄の基盤でもある。『団結か分断か』『協力か対立か』という歴史的選択を前に、圧倒的多数の国々の本音は、中米間の陣営選択は望まないというものであり、各国の親善・協力・ウィンウィンを望む声が主流だ。アジア諸国の立場は十分に尊重されるべきであり、その声にもっと耳を傾けるべきだ。中国の隣国、米国の同盟国、アジアの一員として日本がどの道を選択するのかを、アジア諸国と国際社会は注視している」と指摘。

  「私は日本の友人達に、対米関係が日本外交の全てではなく、日米同盟のみに固執して突き進むべきではなく、少数の『パートナー』や『同志』国のみに力を入れるべきでもないと常に説いてきた。私は日本が戦略的自律性を維持し、遠見と知恵を示し、特に対中関係と対米関係をバランスよく扱うと同時に、周辺諸国との関係を積極的に改善し、発展させ、アジアという大きなファミリーと共にあることを希望する。こうしてこそ、日本の歩む道は開けていくだろう」とした。

  また「中国と日本はアジアと世界の重要国だ。摩擦や溝を越えて、地域と世界の大局という観点に立てば、中日が広範な利益と関心を共有していることに気づくだろう。世界経済の回復の後押し、地域の開放・統合の促進、地域の紛争問題の解決であれ、様々なグローバルな課題への対処であれ、双方ができる事、すべき事は多くあり、協力の緊急性は非常に高い。我々は日本が中国と共に、地域諸国の期待に真剣に応え、地域問題、国際問題、多国間問題において意思疎通、調整、協力を強化し、さらに多くのプラスのエネルギーを広めていくことを希望する」とした。(編集NA)

  「人民網日本語版」2022年6月2日