ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 政治

国際人権事業の進歩に知恵と力で貢献する中国

2022年 5月 30日16:50 提供:人民網日本語版

  長い間、中国は自国の人権事業において歴史的成果を収め、国際人権事業の発展に重要な経験を提供すると同時に、グローバル人権ガバナンスを積極的に推進し、国際人権事業の進歩に知恵と力で貢献してきた。(人民日報コラム「和音」掲載)

  自国に適した人権発展の道を歩むことは、国際人権事業の健全な発展の重要な基礎だ。中国は人権の普遍性の原則と中国の現実との結合を堅持し、時代の潮流に沿い、自国の国情に適した人権発展の道を歩んで、人類の人権文明の多様性を豊かにし、発展させてきた。中国は生存権と発展権を最も重要な基本的人権として堅持し、数多くの発展途上国を始めとする各国の人権事業の発展に重要な経験を提供してきた。近年、国連人権理事会は「人類運命共同体の構築」を決議に盛り込み、「全ての人権の享受に対する発展の貢献」「人権分野での協力・ウィンウィンの促進」など中国の提案した決議を複数採択してきた。中国は繰り返し発展途上国を代表して「発展権の実行」「貧困削減による人権促進」「世界へのワクチンの公平な分配の促進」などの共同発言を行い、数多くの発展途上国の基本的人権を守るために力を捧げ、国際社会の広範な賛同と支持を勝ち取ってきた。

  国際人権事業の発展促進において、中国は提唱者であり、行動派でもある。各国の人々の素晴らしい生活への憧れを前に、中国は沿線諸国と手を携えて「一帯一路」(the Belt and Road)の質の高い共同建設を進めている。世界銀行の発表した研究報告は、「一帯一路」イニシアティブの全面的実施により、3200万人が1日の平均生活費が3.2ドル(1ドルは約127.1円)以下という中程度の貧困から脱却できることをはっきりと示している。これは「一帯一路」共同建設が、より多くの国々の人権保障水準を力強く高めることを十分に物語っている。新型コロナウイルスのパンデミックを前に、中国は新中国成立以来最大規模の世界的な人道活動を実施し、人類衛生健康共同体の共同建設を積極的に後押しし、各国の人々の命と健康を守るために重要な貢献を果たしてきた。グローバル開発の不均衡を前に、中国はグローバル発展イニシアティブを打ち出し、人々の幸福の増進と人の全面的発展の実現を出発点及び到着点として、すでに100以上の国と国連など複数の国際機関から呼応と支持を得ている。このイニシアティブは、国連の「持続可能な開発のための2030アジェンダ」の各国による実行の加速を後押しするための広範な国際的コンセンサスを形成し、協同発展に向けて世界がよりいっそう力を合わせることに寄与し、国際人権事業の発展への力強い保障となるものだ。(編集NA)

  「人民網日本語版」2022年5月30日