ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 政治

孔鉉佑駐日大使「日本国際貿易促進協会に中日関係発展への新たな貢献を期待」

2022年 4月 20日15:50 提供:人民網日本語版

  

  孔鉉佑駐日大使は19日、日本国際貿易促進協会会長で元衆議院議長の河野洋平氏と会談した。在日本中国大使館ウェブサイトが伝えた。

  孔大使は「中日国交正常化50周年に当たる今年は、双方にとって歴史を総括し、未来を共に創造する重要な契機だ。中国側は日本側と共に、歴史の経験を振り返り、友好の初心に立ち返り、『互いに協力のパートナーであり、互いに脅威とならない』との政治的共通認識を実践し、新しい時代の要請にふさわしい中日関係の構築を推進し、地域と世界の平和・安定維持に積極的役割を果たすことを望んでいる。日本国際貿易促進協会が良き伝統を発揚し、対中交流・協力を強化し、両国の相互理解の深化、中日関係の前向きな発展の促進に新たな重要な貢献を果たすことを期待する」と表明した。

  河野会長は「国交正常化50周年は日中関係にとって重要な節目だ。両国各界はこれを契機に、日中間の4つの基本文書の精神に立ち返り、これを守り、両国関係の正しい方向性を維持するべきだ。日本国際貿易促進協会は引き続き、各分野で両国の交流と協力を深めるために積極的役割を果たし、日中関係の健全で安定した発展のためにさらに多くの力を捧げていきたい」と表明した。(編集NA)

  「人民網日本語版」2022年4月20日