ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 政治

米国務省が上海総領事館職員に退避許可、中国外交部のコメント

2022年 4月 11日11:50 提供:人民網日本語版

  外交部(外務省)の趙立堅報道官は9日、米国務総省が在上海米国総領事館職員への退避許可を発表したことについて質問に答えた。

  米国務省は9日、在上海米国総領事館の職員とその家族の自由意思による「Authorized Departure」形式の中国出国を発表した。米側は声明で中国の防疫政策も非難した。これについて、中国側としてコメントは。

  米側が在上海総領事館の職員とその家族の自由意思による退避を認めると発表したのは、米側自身の決定だ。だが、中国側の防疫政策は科学的で有効であり、我々は上海などで新たな感染拡大に打ち勝つことへの自信に満ちている。新型コロナ関係の問題において、中国の関係当局と地方政府は、すでに政策の認める範囲で在中国の外国の外交官や領事関係者に対して可能な限りサポートし、便宜を図ってきた。我々は、米側の声明における中国の防疫政策に対する根拠なき非難に強い不満と断固たる反対を表明する。すでに米側に厳正な申し入れを行った。(編集NA)

  「人民網日本語版」2022年4月11日