ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 政治

イラストで読み解くウクライナ危機における米国の役割(2)火に油を注ぎながら責任転嫁

2022年 3月 29日17:50 提供:人民網日本語版

  

イラスト作成・馬宏亮

  ウクライナ問題において、中国は常に客観的かつ公正な姿勢で、物事自体の是非曲直に基づき、独自に判断し、和平交渉促進のために建設的役割を果たし続けてきた。

  だが、関係国は根拠なき対中非難を繰り返している。米国など特定の国々は、「中国は衝突を解決するための的確な措置を講じておらず、西側の対露制裁とも歩調を合わせていない」とし、「中国のバランス戦略は全く建設的ではない」とする米国のシンクタンクもある。

  米国には、他国を非難する前に、まず胸に手を当てて自問するよう勧めたい。NATOの東への拡大を5回続けて推し進めたのはどの国なのか?緊張した雰囲気を誇張し続けて、事態を制御不可能な状態へとエスカレートさせたのはどの国なのか?ウクライナ問題において、米国は罪なき傍観者ではない。火に油を注ぎ続けた者が、逆に他者を「消火が不十分だ」と非難するのは、無責任で恥ずべき行為と言わざるを得ないだろう。(編集NA)

  「人民網日本語版」2022年3月29日