ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 政治

外交部、「ウクライナ問題において中国の立場は大多数の国々の願いと一致」

2022年 3月 25日13:50 提供:人民網日本語版

  

  外交部(外務省)の汪文斌報道官は24日の定例記者会見で、ウクライナ情勢に言及した際、「ウクライナ問題において中国は常に客観的かつ公正な姿勢に基づいており、その立場は大多数の国々の願いと一致する。中国に対するいかなる根拠なき非難や邪推も自壊することになる」と表明した。

  汪報道官は、「中国がウクライナ関連の偽情報を流布しているとの非難自体が、偽情報の流布だ。中国は常に客観的かつ公正な姿勢に基づき、早期の停戦実現、人道的危機の回避、平和と安定の回復のために積極的に努力してきた」と指摘。

  そして、「我々は一貫して、ウクライナは大国間の角逐の最前線ではなく、東西間の意思疎通の架け橋となるべきであると主張してきた。欧州各国は、戦略的独立性の原則を堅持し、ロシアとウクライナを含む関係国と共に、安全保障の不可分性の原則に基づき、均衡の取れた、実効性のある、持続可能な欧州の安全保障枠組を構築するべきだ。米国とNATOもロシアと対話を行い、ウクライナ危機の背後の根本的原因を解くべきだ」とした。

  また汪報道官は、「危機の解決に必要なのは、火に油を注ぐことではなく、冷静さと理性だ。平和の回復に必要なのは、圧力と脅迫ではなく、対話と意思疎通だ。長期的な平和・安定の実現に必要なのは、ブロック対立を推し進め、絶対的安全保障を追求することではなく、各国の安全保障上の合理的な懸念に配慮することだ」と指摘。

  さらに、「中国の立場は大多数の国々の願いと一致している。中国の主張が歴史の正しい側にあることは時とともに証明されるし、中国に対するいかなる根拠なき非難や邪推も自壊することになる」とした。(編集NA)

  「人民網日本語版」2022年3月25日