ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 政治

新型コロナ対策で習近平総書記「最小の代償で最大の効果を目指す」

2022年 3月 18日15:50 提供:人民網日本語版

  中共中央政治局常務委員会は17日の会議で、新型コロナウイルスの感染状況を分析し、厳格な対策を打ち出した。新華社が伝えた。

  会議の議長を務めた習近平総書記は「新型コロナ対策の常態化以来、我々は『国外からの流入防止、国内での再拡大防止』を堅持し、常に地区・レベルごとに差別化した精確な感染防止・抑制の水準を高め続け、局地的クラスター感染に迅速かつ効果的に対処し、人々の生命の安全と身体の健康を最大限守ってきた。我が国の経済発展と新型コロナ対策は世界をリードし続け、我が国の新型コロナ対策の堅実な実力と強大な能力を存分に体現し、中国共産党の指導と我が国の社会主義制度の大きな優位性を存分に示してきた」と指摘。

  習総書記は「堅持することが勝利である。各地域・各当局・各方面は、現在の国内外の感染状況・対策の複雑さ、困難さ、反復性を深く認識し、さらに動員し、思想を統一させ、決意を固め、たゆまず各対策に入念かつ着実に取り組み続ける必要がある。常に人民至上と生命至上を堅持し、科学的精確さと『ダイナミック・ゼロ』(動態的ゼロ化)を堅持して、感染の拡散と蔓延の勢いを早急に抑え込む必要がある。科学的で精確な感染対策の水準を高め、感染対策措置を最適化し続け、ワクチン、迅速診断キット、治療薬の研究開発など科学技術の難関攻略を強化して、新型コロナ対策の取り組みをより的確なものにする必要がある。戦略の揺るぎなさを保ち、『安定を維持しながら前進』を堅持し、新型コロナ対策と経済・社会発展の統合的計画をしっかりと立て、より効果的な措置を講じて、最小の代償で最大の感染防止・抑制効果を挙げ、経済・社会発展に対する新型コロナの影響を最大限軽減すべく努力する必要がある」と強調した。(編集NA)

  「人民網日本語版」2022年3月18日