ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 政治

【2022年政府活動報告】中国の2021年GDP成長率は8.1%

2022年 3月 5日10:50 提供:人民網日本語版

  

  第13期全国人民代表大会(全人代)第5回会議の開幕式が3月5日午前9時、北京の人民大会堂で開催された。李克強総理が国務院を代表し、政府活動報告を行った。

  李総理は政府活動報告の中で、「この1年、複雑で厳しい国内外の情勢と多くのリスク・試練を前にして、全国は上から下まで共に努力し、新型コロナウイルス予防・抑制と経済・社会発展を統一的に計画し、通年の主要目標任務を比較的良い形で達成し、『第14次五カ年計画』(2021‐25年)達成に向けて良いスタートを切り、我が国の発展はまた新たな重大成果を上げた」とした。

  2021年、経済は回復と発展を保ち、国内総生産(GDP)は8.1%増の114兆元(1元は約18.2円)となった。全国財政収入は20兆元を突破し、都市部の新規雇用者数は1269万人となった。2021年の食糧生産量は6億5千万トンを上回り、これまでで最高を記録した。(編集AK)

  「人民網日本語版」2022年3月5日