ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 政治

習近平総書記「中国とスリランカの関係は大国と小国の友好の模範」

2022年 2月 18日11:50 提供:人民網日本語版

  習近平中共中央総書記は17日、中国とスリランカの政党による両国の国交樹立65周年ならびに「米・ゴム協定」調印70周年祝賀大会に祝賀メッセージを寄せた。新華社が伝えた。

  習総書記は「70年前、中国とスリランカは数々の障害を乗り越えて歴史的な意義を持つ『米・ゴム協定』に署名し、両国友好の大きな扉を開いた。国交樹立から65年、両国は常に互いを尊重し、団結し、助け合い、互いの核心的利益に関わる問題で支持し合い、中国・スリランカ関係は大国と小国の友好的付き合いと互恵協力の模範となった。新型コロナウイルスのパンデミック発生後、中国とスリランカは同舟相救い、互いに見守り助け合い、昔からの友情は新たな昇華を遂げた」と指摘。

  「中国共産党はスリランカの主要政党と友好的交流を保ち、実務協力を促進して、両国関係の健全で安定した発展に重要な役割を果たし、両国民に幸福をもたらしてきた。中国共産党はスリランカの各政党と共に努力し、両国の国交樹立65周年を新たな出発点として、中国とスリランカの友情を発揚し、両国関係に対する政治的先導を強化し、中国・スリランカ関係の着実な前進と地域の平和・安定・発展・繁栄の促進により大きな貢献を果たすことを望んでいる」と強調した。(編集NA)

  「人民網日本語版」2022年2月18日