ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 政治

北京冬季五輪がスポーツ政治化の雑音を排除、平和への願いを体現

2022年 2月 14日16:50 提供:人民網日本語版

  北京冬季五輪は各競技が進められ、素晴らしい試合が選手と観客に深い感動を与えている。各国の関係者は「スポーツは政治的な偏見や妨害を受けるべきでない。北京冬季五輪の開催成功はスポーツの政治化という雑音を排除し、団結と友愛というオリンピック・ムーブメントの精神を体現し、平和を追求する人類共通の願いを表した」と指摘する。新華社が伝えた。

  ■スポーツの政治化はオリンピック憲章の精神に背く

  国際オリンピック委員会(IOC)の黄思綿(Ng Ser Miang)副会長は「オリンピックの政治化は何の結果ももたらさず、反対にオリンピックのために長年、さらには一生の努力を払ってきた選手達に影響を与える」と指摘。「オリンピックは壁ではなく、懸け橋となることができると信じる」とした。

  ドイツのシュレーダー元首相は「オリンピックの政治化の真の被害者は、このために長い間準備してきた選手達だ」と指摘し、「冬季五輪を利用して中国に圧力を加えるいかなる企ても失敗に終わるだろう」とした。

  ロシア連邦共産党のジュガーノフ中央執行委員長は「数世紀にわたり、スポーツは各国民が互いに近づき、親しく付き合う助けとなってきた。スポーツを政治的圧力の武器とするやり方はオリンピック憲章の精神に背くものであり、受け入れられない」とした。

  ■北京冬季五輪は平和への人類の願いを体現

  ベラルーシのルカシェンコ大統領は「スポーツは政治を遠ざけるべきだ。『共に未来へ』というスローガンは、平和の追求という人類の願いを反映している。北京冬季五輪はオリンピック精神に完全に従っている」とした。

  ジンバブエ・オリンピック委員会の会長は、北京冬季五輪の開催は全世界が団結する契機であるとして、西側の一部の国々によるオリンピックの政治化に反対し、「スポーツと政治を一緒くたにして論じるべきではない」とした。

  日中友好協会の西園寺一晃顧問と八木章理事は「オリンピックは平和・友好・団結のスポーツの祭典だ。人々はスポーツを通じて民族、国、政治体制、宗教、イデオロギーの違いを乗り越えて一堂に会し、友好を深めることで平和的共存の実現という願いを達成する。北京冬季五輪の開催成功はオリンピック精神の勝利であり、平和を愛する全世界の人々の勝利でもある」とした。(編集NA)

  「人民網日本語版」2022年2月14日