ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 政治

北京冬季五輪聖火リレー最終走者選定で米側に批判される筋合いはない

2022年 2月 10日14:50 提供:人民網日本語版

  

  新疆ウイグル族の選手が北京冬季五輪開会式の聖火リレーの最終ランナーを務めたことに対する米ホワイトハウス報道官の発言について、外交部(外務省)の趙立堅報道官は9日の定例記者会見で、「北京冬季五輪開会式の聖火リレーで誰が最終ランナーを務めるかは中国側が正常に取り決めたことであり、米側にあれこれ言われる筋合いはない」と述べた。

  趙報道官は「米側の言うところの新疆での『ジェノサイド』は世紀の嘘であり、冬季五輪を政治化し、新疆関連の問題を利用して悪意をもって中国のイメージを毀損するという目的が存分に露呈した。米側のやり方は支持を得られず、完全に失敗して、孤立無援に陥る運命にあるだろう。米国は歴史上、先住民に対してジェノサイドを行い、エスニック・マイノリティに対する長年にわたるシステミックな差別という宿痾を抱えている。15世紀末に500万人だった先住民の人口は、20世紀初頭には20分の1の25万人へと激減した。ジェノサイドとは何か?米国が先住民に対して実施した政策こそが、真のジェノサイドだ。米側がすべきは、先住民に対するジェノサイドという自らの歴史的犯罪を真摯に清算し、先住民やアフリカ系、アジア系などエスニック・マイノリティに対する人種差別を減らすために的確な措置を講じることだ」と述べた。(編集NA)

  「人民網日本語版」2022年2月10日