ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 政治

オリンピック精神を守り「共に未来へ」向かう力は阻止できない

2022年 2月 10日10:27 提供:人民網日本語版

  現在開催中の北京冬季五輪では、各競技で熱戦が繰り広げられている。世界中の視線が北京に注がれ、人々は冬季五輪のもたらす喜びと情熱を感じるとともに、新型コロナウイルスのパンデミックという試練の下でもなお予定通りにレベルの高い大会を開催した中国に敬服の念を表している。北京冬季五輪が順調に開催されていることは、スポーツの政治化を企て、衝突と対立を煽る一部外国勢力への力強い反撃でもある。新華社が伝えた。

  ニューヨーク・タイムズは先日、「2022年冬季五輪は中国にとってすでに勝利だ」と論じた。実際には、素晴らしい大会となっている北京冬季五輪はそれ以上に、平和を愛し、団結と協力を追い求め、共に発展し進歩することを追い求める世界中の人々にとっての勝利だと言えるだろう。91の国と地域から3000人近くの選手が出場しており、冬季五輪に初めて選手団を派遣した国々もある。国家元首、政府首脳、議長、王室の重要メンバー、国際組織のトップら30人余りを含む、70近くの国と地域・国際組織の正式な代表約170人が出席した。彼らが北京冬季五輪に来たことは、中国の冬季五輪開催成功への信頼を示すとともに、オリンピック精神を守り「共に未来へ」向かう力が阻止できないことを世界に示すものであった。

  「中国はこの世界のスポーツの祭典を最高の水準で開催するものと信じる」(ロシアのプーチン大統領)。「世界にとっての北京冬季五輪の重要性は改めて言うまでもない」(アルゼンチンのフェルナンデス大統領)。「平和と団結を呼びかける中国の力強いメッセージを全世界が聞いた」(モナコ公国の元首・アルベール2世大公)。各国要人は真摯な言葉で北京冬季五輪の成功を祈り、国際社会が自信を凝集させることに対する今大会の重要な意義を高く評価した。

  現在もなお新型コロナウイルスのパンデミックの暗雲が世界を覆い、様々な世界的難題が次々と生じている。幾重もの試練を前にして、困難に打ち勝つことへの自信は黄金よりも貴重だ。北京冬季五輪が様々な困難を克服して予定通り開催されたことは、困難を恐れず、試練に打ち勝つ自信を国際社会に呼び起こし、パンデミック後に素晴らしい世界を再建するという人々の願いと期待を伝えている。

  多くの試練を前にして、極めて重要なのは国際社会が手を携えて共に歩むことだ。少数の政治勢力が国際的対立を作り出そうと企てる中、溝を埋め、交流を強化する努力がとりわけ貴いものとなる。国際社会という大きなファミリーが共に冬季五輪に参加し、オリンピック精神の下で互いに切磋琢磨し、共に奮い立って前へ進むことが、国際社会が違いを乗り越え、共に前進する力を結集する助けとなることは間違いない。まさにグテーレス国連事務総長が語ったように、世界は今、冬季五輪が成功を収めることで、どの国の、どの民族の、そしてどの宗教の人々も、違いを乗り越え、団結と協力を実現することができるという明確なメッセージを世界の人々に発することを必要としている。

  新型コロナウイルスのパンデミック以降、初めて予定通り開催された世界の総合的なスポーツの祭典である北京冬季五輪は、有言実行の精神を証明し、苦難に妨げられない力をはっきりと示し、たゆまず世界の団結と協力を促進し、国際社会が「共に未来へ」向かうことを促進し続ける中国人の誠実さを体現した。

  様々な雪の結晶が北京に集まり、人類共通の1つの雪の結晶となる。北京冬季五輪開会式のこの象徴的意義を持つ心温まるシーンは、世界各国の人々の普遍的な心の声を生き生きと描き出した。分断と対立に活路はなく、団結と協力こそが人心の向かうところだ。北京冬季五輪の競技場では、肌の色や人種、そして国籍の異なる選手達が同じ場で競い合い、互いに尊重し合い、平等に交流するという感動的な物語が繰り広げられるとともに、世界各国が共に困難を迎え撃ち、共に未来へ向かうためのより強い力も結集しつつある。(編集NA)

  「人民網日本語版」2022年2月9日