ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 政治

在外中国大使館が海外同胞に「春節セット」を配布

2022年 1月 25日16:50 提供:人民網日本語版

  中国の在外大使館は壬寅年の訪れを前に、現地の中国人同胞、中国系企業従業員、留学生の代表らに防疫用品や春節(旧正月、2022年は2月1日)用品を入れた「春節セット」を配布した。新華社が伝えた。

  

  在イタリア中国大使館は21日、困難を抱える同胞や留学生の代表らに「春節セット」を配布した。過琳公使参事官は「『春節セット』の配布が現地同胞に温もりと力を届け、新型コロナに打ち勝つ自信を強める手助けとなることを期待する」と述べた。

  イタリア・ローマ華僑華人連合総会の陳和平会長は「『春節セット』には海外在住の同胞に対する祖国の心遣いが詰まっている。過去1年、イタリア在住の同胞は仕事や生活の面で大きな影響を受けたが、パンデミックの厳冬はやがて過ぎ去ると信じている」と述べた。

  

  在ルワンダ中国大使館は21日、ルワンダの中国国民に「春節セット」を配布し、春節の挨拶を伝えた。邢玉春政務参事官は「大使館はルワンダ華僑華人協会、中国企業商工会議所、領事ボランティアに特別に委託して、特別な困難を抱える華僑・華人、滞在者など中国国民に『春節セット』を配布した。皆が引き続き互いに助け合い、無事に寅年を迎えることを希望する」と述べた。

  

  在メキシコ中国大使館は21日、メキシコの華僑と留学生に「春節セット」を配布し、メキシコ在住の同胞や留学生への祖国の思いやりを伝えた。仕事のため4ヶ月前にメキシコに到着したばかりの李煜さんは、メキシコが厳しい感染状況にある中、防疫物資の入った「春節セット」が届けられたことに祖国の心遣いと強大さを深く感じたという。

  在アフガニスタン中国大使館は22日、アフガニスタンの中国国民に「春節セット」を配布した。王愚大使は「外部環境がどう変化しようとも、祖国と大使館は常に同胞の強い後ろ盾であり、皆が困難を解決できるよう全力を尽くして支援する」とした。

  

  在カザフスタン中国大使館の職員は、厳しい感染状況、厳しい寒さ、そして先日解除されたばかりの非常事態宣言という幾重もの困難を乗り越えて、「春節セット」の配布作業を迅速に完了し、現地同胞に祖国の心遣いを伝えた。張霄大使は挨拶の手紙の中で、中国とカザフスタンの友情を広め、両国間の協力に貢献するよう現地同胞を激励するとともに、大使館が常に現地同胞の強い後ろ盾であることを表明した。

  在ベラルーシ中国大使館は23日、現地の留学生や華僑に「春節セット」を配布した。謝小用大使は留学生や華僑の代表に新春の挨拶を伝えるとともに、安全と健康をしっかりと守るよう改めて呼びかけた。(編集NA)

  「人民網日本語版」2022年1月25日