ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 政治

西沙諸島の中国領海への米艦侵入について中国国防部報道官が談話

2022年 1月 21日13:50 提供:人民網日本語版

  国防部(国防省)の呉謙報道官は20日、西沙(パラセル)諸島周辺の中国領海への米艦の侵入について談話を発表し、「米側の行為は中国の主権を侵害し、南中国海の平和と安定を脅かす重大な挑発だ。中国の領海で米国の軍艦が横暴な振る舞いをすることは許されない」と述べた。新華社が伝えた。

  呉報道官は「1月20日、米ミサイル駆逐艦『ベンフォールド』が中国政府の承認を得ずに中国の西沙諸島の領海及び内水に不法侵入した。中国人民解放軍南部戦区が海空兵力を派遣して米艦を追跡・監視し、当該海域から出るよう警告。中国軍は米側の行為に強い不満と断固たる反対を表明した」と説明。

  「西沙諸島は中国固有の領土だ。『中華人民共和国領海及び接続水域法』に基づき、中国政府は1996年に西沙諸島の領海基線を告示するとともに、外国軍艦の中国領海への進入に関する事について明確な規定を設けた。米側の行為は、米側が主張する『航行の自由』では全くなく、中国の主権を侵害し、南中国海の平和と安定を脅かす重大な挑発であり、非常に悪質なものだ」と述べた。

  また、「我々は米側に対し、情勢を明確に認識し、挑発を止めるよう要求する。中国の領海で米国の軍艦が横暴な振る舞いをすることは許されない。中国軍はあらゆる必要な措置を講じて、あらゆる脅威と挑発に対処し、国家の主権と安全を断固として守り、地域の平和と安定を断固として維持していく」と強調した。(編集NA)

  「人民網日本語版」2022年1月21日